バレンシアガの新作スニーカーは薄底のラバーソール!「ZEN」発売

fashionsnap.com

こんにちは!高級靴専門店 KING OF SHOESの岩本です。
バレンシアガが新作スニーカーを発売しました。バレンシアガといえば、「トリプル S(TRIPLE S)」や「トラック(TRACK)」といった厚底のスニーカーのブームの立役者的存在。他のハイブランドもこのブームに乗り遅れんとばかりに、ほとんどのスニーカーがゴテゴテの厚底になりました^^
まずはその歴史を少し振り返ってみましょう。

大ブームとなった厚底スニーカー
①トリプル S(TRIPLE S)

OTOKOMAE

5.5cmにも及ぶ極厚のヒールは、爆発的な人気で、あまりの品薄からプレミアム価格のモデルも多数排出しました。トリプルSのネーミングからも分かるように、 ランニングシューズ、バスケットシューズ、トラックシューズの3つのソールをミックスさせたデザインで、ロングコートなどの下に外しとして合わせたりと、カジュアルにもドレスにも合わせることができる絶妙なバランスがヒットの要因と感じています。唯一の難点が、背の高い人がよく似合うということ。分厚いソールからもお分かりのように、靴の存在感がスゴいのです。ゆえに、身長が170cmに満たない私のような小人は、靴だけが歩いている印象に…^^

大ブームとなった厚底スニーカー
②トラックトレーナー(TRACK TRAINER )

OTOKOMAE

「TRIPLE S(トリプルS)」に続いて発表された厚底モデルのトラックトレーナー。こちらも大ブレイクしたことで、「バレンシアガと言えばスニーカー」と言われるまでに知名度が向上したのは記憶に新しいですよね^^
やはりこちらもトリプルSと同様に、テーラードスタイルの外しとしても使える、派手な中にも洗練されたモダンな雰囲気を感じさせる汎用性の高さがヒットの要因ですよね。
KING OF SHOESでも、現在こちらの海外限定LED搭載モデルを取り扱っています。カラーはどんなスタイルにも合わせやすいグレーで新品となりますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

ZEN(ゼン) から見るファッション業界のトレンド

そして今回発表された「ZEN(ゼン)」ですが、厚底のスニーカーとは異なり薄底のラバーソールを採用しています。 武道家やフットボールプレイヤーからインスピレーションを得ることで軽量に仕上げたそう。レザーは使用しておらず、アッパーはキルテッド素材、シューレースはロゴを施したタンの後ろに隠れる仕様で、これまでと真逆に振ったシンプルなデザインです。
レザーを使っていないという点が最近の潮流を上手く汲み取っていますよね。近年、ファーはフェイクファーに、レザーはフェイクレザーにと、エコ化の流れが一気に押し寄せています。超抜群の革質で勝負するエルメスがこの流れに対してどこまで踏ん張るかが、一過性のトレンドなのかどうかの分かれ目と見ていますが、どうでしょうか。
KING OF SHOESとしては、バレンシアガにも超良質な革を使う方向に振ってもらいたかったです^^
質感はマットと光沢感を備えたパテントの2タイプ。価格はマットタイプが5万9,000円、パテントタイプが6万1,000円ということです。個人的には前までのバレンシアガのスニーカーより、こちらのデザインの方が身長が低くても合わせやすいので嬉しいですね^^
皆さんはどのデザインがお好きですか?


❐ 新商品が並ぶ販売ページはこちらから

❐ 靴のお買取り依頼はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です