「ジョン・ロブ」ウィリアム75周年記念で3つの新モデルを発表

JOHN LOBB

こんにちは!高級靴専門店 KING OF SHOESの岩本です。
ジョンロブのダブルモンクの大定番、ウィリアムは今年75周年を迎えます。ひとつの靴が75年も作られ、人々に愛され続けていることは、感慨深いものがありますね。妥協しない品質と熟練した職人による丁寧な靴作りと、販売店の接客術など、当店も少しでも皆様に愛される店作りをしようと、身も心も引き締まります。

ジョンロブのウィリアムとは?

ジョンロブの2代目当主、ウィリアム・ロブが初めてデザインしたことから、ウィリアムの愛称で呼ばれるダブルモンクトラップシューズは、1945年に英・ウィンザー公のオーダーによりビスポークで作ったことがその始まりとされています。
その75周年を記念して、新作が3つも出てしまうのです!

【第一弾:4月発売】丸くボリューミーな木型 & 薄目のダブルソール

繊研新聞


第1弾は4月発売。つま先のとがったオリジナルの木型ではなく、丸みを帯びたボリュームのある木型で、ソールも通常のダブルソールよりやや薄くしたモデルです。日本での価格は18万8000円。

【第二弾:7月発売】木型変更 & シボ革 & ラバーソール


第2弾は7月発売。木型を変え(詳細不明)、シボ革とレザーソールを履き心地の柔らかいラバーソールに変更したモデルが出ます。 こちらは革とソールの耐久性をアップさせて、雨の日でもガシガシ履くことのできる、リアルなウィリアムと言ったところでしょうか。

【第三弾:10月発売】イヤーモデル


第3弾は10月発売。ウィリアム新作ラッシュの最後を締めくくるのは、 ジョン・ロブの職人が高い技術力を駆使して毎年作るイヤーモデル!先日発売されたばかりのイヤーモデル最新作は記事にもさせて頂きました。


ジョンロブ2020イヤーモデルの真髄に迫る


イヤーモデルの記事を書きながら「これから毎年イヤーモデルをコレクションして飾っておけば、見るだけでテンションMAXだし、ブログの話題にも事欠かないなぁ」と妄想していたのですが、大好きなウィリアムのイヤーモデルが来てしまいました^^
詳細はまだ分かりませんが、どんなスペシャルなモデルが来るのか、ワクワクが止まりません!
これは、「神は言っている、お前はココでイヤーモデルデビューする定めだと」(注:無神論者)

と、テンションが上ってしまう、ウィリアムの新作三連発情報でした。
上記以外の情報ソースがないため、詳しい情報が分かり次第、リリースさせていただきます。


❐ 新商品が並ぶ販売ページはこちらから

❐ 靴のお買取り依頼はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です